柔軟性を求めるその前に


上の写真は素材サイトでたまたま見つけたので、どちらが良いというわけではありません。ただ、どういうことが起きているかがわかりやすいので並べてみました。


巷でよく行われているストレッチですが、彼女は上肢で身体の重さを支えるということがまだ不十分なのですね。


左は明らかに手のつき方も違うし、左肘の過伸展も生じていて、体幹に捻れも生じているので右足が頭についていません。

右は幾分良くなったように見えますが、まだまだ課題があります。


その課題について、私はここで細かく説明するつもりはありません。それを動いて、感じて、気付いて、自ら模索して変えていけることに意味があると思うからです。


もし、つま先を頭につけるという柔軟性の維持や獲得を目的に、「これでできた」と思って彼女がこのままエクササイズを繰り返し続けたら、腕で身体の重さを支えるということに課題を残したまま、その身体の働き合いを学習していってしまいます。

そして、それは単にその動きだけでなく、他の動きにも様々な影響を与えるのです。


私は今彼女に必要なのは、より多くの柔軟性を求めてそのカタチになることを目指す以前に、上肢で身体を支えるということを学び、更には移動も伴う動きの中でも機能的に働き合うように学ぶことだと思うのです。


そして、ナチュラリゼーションを学ぶ生徒さんたちは、その「できていない」に気付き、模索していく中で、自分が思っている以上にダンスの中の様々な課題と赤ちゃん時代の運動学習との関わり合いがあることを実感なさったと仰るのです。

Join