原点


来月は日頃Blismileでレッスンしている方を対象に自習会の機会を設けており、ずり這いやハイハイをずっとし続けてみるという体験をしてみて戴きたいと思っています。


それは「自動化」という側面を促したいというのもありますが、様々な思考、ジャッジマインドが消えるほど、動くということに没頭するという体験も、やはり必要だと感じるからなのです。


このブログの背景にも使っているこの赤ちゃんの写真が私はとても好きです。

心を惹かれたもの(おしゃぶり)に近付きたい一心で動こうとしている。

そこには自己への肯定も否定もありません。他者との比較もありません。


もし、この後に進もうとしても進めなかったり、あるいは転んでしまったりしたとしても、それを「恥ずかしい」などとは思わずにこの子はまたトライするのではないかと思います。心がそこに向かう限り。


私たちの動きの学習の原点は、そういうところから始まっているのではないでしょうか?